住宅ローンの審査に与える影響

カードローンの利用が住宅ローンの審査に与える影響

カードローンの利用が住宅ローンの審査に影響することはあるのか、という点について気になっている人も多いでしょう。住宅はローンでしか購入できない人がほとんどですから、融資を受けられないとなると、マイホームを諦めなければならなくなります。
仮に融資を受けられなかった場合、その理由を聞いても銀行は教えてくれません。このため何が不利になるかは、実際のところ、誰にも分かりません。しかし、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に同じ質問をすると、返済負担率において影響がある、との回答が得られます。返済負担率とは、収入に対する返済の割合のことです。多くの金融機関では、返済負担率を30〜40%程度まで、という基準を採用しています。
仮に年収1000万円の世帯であれば、年間300〜400万円の返済でおさまる範囲の借入なら融資が実行される、ということになります。カードローンの借入をしていて、現在返済中の人は、その分が返済負担率に考慮されます。先ほどの例でいきますと、仮に消費者金融への返済が年間100万円あれば、住宅ローンは年間200〜300万円の返済に抑えなければならない、ということです。当然それだけ借入可能な額に影響が出ることになり、結果的に審査に落ちる、ということも充分考えられます。
現在の借入状況などは、必ず情報機関に問い合わせをしますので、銀行に把握されます。延滞などの事故情報があれば、まず融資は難しいと思って間違いありません