カードローンの返済方法の種類

カードローンの返済方法の種類について

消費者金融や銀行でカードローンの利用を始める時、意識しておきたいのが、返済方法です。
いくつかの種類があるのですが、現在、主流になっているのは、毎月均等な金額を返済してくリボ払い方式です。
月々の出費が変わらない状態で返していくので、生活費の計画が立てやすい事で人気となっています。
ただ、月に1万円ずつ支払っても、借りたお金が1万円ずつ減っている訳ではありません。
1万円ずつ返す場合、そこには借りたお金と利息が含まれています。
その割合は一定ではなく、最初のうちは1万円を支払っても元金は5千円程度しか減っていない等、利息が多くの割合を占める事になります。
その為、数ヶ月返し続けても、元金はあまり減っておらず、なかなか完済できない事になります。
更に、金利というのは日割り計算となる為、長く借りていると、利息が多くなってくる事になります。
それを考えると、少しでも早く返す方がよりお得な状態となります。
その時に有効なのが、一括で返す方法や、繰り上げて返していく方法です。
少額の借入の場合、リボ払いにせず、可能であれば翌月に一括で返す方が、利息は少なくて済む事になります。
一括が難しい場合であっても、お金に余裕がある時に、繰り上げて返していくようにする事で、支払う利息を少しでも少なくしていく事が出来ます。
一括や繰り上げという返し方で、利息を少しでも少なくしていく方法は、カードローンだけでなく、住宅ローン等でも有効です。