職場に電話

カードローンと職場に電話をして行う審査

銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングの審査で重要視されるのが、申告された勤務先に、その人が本当に在籍しているかを確認する審査です。
この審査は職場に電話をして行われる事になるのですが、お金を借りようとしている事を職場に知られてしまったら、今後の仕事に影響が出てしまうのではないかと不安に感じる人は少なくありません。
このサービスは担保等が必要になる住宅ローン等とは違い、その人に安定した収入がある事を条件に、借入が出来るというサービスです。
ですから、利用をする人が勤務先で働く事が出来なくなったのでは、お金を貸す業者も困る事になります。
その為、消費者金融等の業者名を名乗らないようにするだけでなく、ただその人がその勤務先に本当にいるかどうかのみを調べる事になります。
電話をするスタッフも細心の注意を払う為、勤務先に審査の為の電話である事を気付かれる事は殆どありません。
実際に審査を受けた人の体験談でも、勤務先に怪しまれる事はなかった、その後も問題なく勤務ができているという声が殆どです。
ですから、安心して審査を受ける事が出来ます。
消費者金融によっては、収入証明書の提出等で、この審査を免除できる事もありますが、審査を免除して貰った事が原因で、通常よりも限度額がやや低く設定されてしまう可能性もあります。
ですから、余程の事情がない限り、免除は考えず、正規の審査を受けるようにしておく方が、より希望通りにカードローンの利用が出来る可能性が高まります。